不登校だった自分が変わるきっかけに

ギター専攻 高橋芳明さん

私が東京自由学院で経験したことは、主に3つありました。

1つ目は、中学時代から不登校になっていた私が、毎日学校に通う事ができたという変化です。

それは学院に入学して不登校になろうものなら、先生達はいっそう連絡や関わりをもとうとしてくれた事が大きかったと感じます。在学中も学院を卒業してからも先生は電話をかけてきてくれて、相談も聞いてくれます。

2つ目は、音楽がもっと好きになった事です。ギター専攻だった私は見たこともない、聞いたこともないジャンルやプレイヤーを先生、先輩から教えてもらい、どんどん貪欲に音楽を勉強したいと思うようになりました。

3つ目は、学校生活です。授業はいろいろありますが、一番好きだったアンサンブル授業は、他の専攻の友人と演奏して、客観的な意見をもらったり、授業後には雑談をして、そのままみんなでラーメンを食べに行くなど、すべてが楽しかったです。

卒業した現在は東京工科大学へ進学しデザインを学んでいますが、この学院で経験できたことは今も活かされています。